インナーコミュニケーションを重視する意味とは

仕事へのモチベーションアップにも繋がる

社内報は、全国の民間企業の間で、社員同士のインナーコミュニケーションを活性化するために不可欠なツールとして捉えられるようになっています。インナーコミュニケーションを重視する意味は、それぞれの会社の方針や仕事内容などにもよりますが、社内報を通じて色々な社員の魅力を知ることにより、日々の仕事のモチベーションアップの効果が期待できます。また、社内報を作成する過程で様々な部署の社員とやり取りをすることで、お互いの性格や仕事ぶりを把握できるといったメリットもあります。なお、インナーコミュニケーションに着目をして社内報を作成するにあたっては、人事や広報の担当者が中心となって環境づくりをすることが大切です。

一人ひとりの社員が積極性を高めることができる

社内報は、社内の雰囲気を良くしたり、人間関係を円滑にしたりするだけでなく、一人ひとりの社員の積極性を高めるうえで魅力的なものとして位置づけられています。特に、若手社員からベテラン社員まで一丸となって社内報を作成することで、自分の得意分野を活かしたり、対人コミュニケーションを磨いたりすることが可能です。最近では、社員の定着率を上げるために、インナーコミュニケーションを大切にしている企業の数が増えており、社内報の価値を見直そうとするところも少なくありません。また、質の高い社内報を作成するうえで、スマホユーザーの間で人気のアプリやソーシャルメディアの使い方について、必要に応じて各社員に教育を行うことも大事です。